大分市で働く2代目社長のblog

反TPP論
TPP賛成の方も反対の方も。

また、TPPについてよく解からない方も、一読の価値あり!

反対論なので、賛成論も読むとより良いのでしょうね。。。(僕は読んでませんが)


| mikalet | 読んだ本 | 16:39 | comments(0) | - | -
 たまには読んだ本の紹介を。

.▲ぅ▲爛▲辧璽蹇
このコミックは大阪出張中にハマッてしまいました。
既に7巻まで読みました。。。


熱意力闘
これは以前日経新聞の私の履歴書に掲載されてました。
あまりにも内容がすごかったので、新聞自体をとっておきました。
それにしてもスゴイ内容です。


読書の秋ですね。
そろそろ小説も読みたいな。
花沢 健吾
¥ 560
コメント:とにかく次が気になります。既に7巻まで出てますね。

| mikalet | 読んだ本 | 15:34 | comments(0) | - | -
今年も富士山が始まった。


7月は1週間おきに富士山⇒大分⇒富士山⇒大分というスケジュールだ。


毎年の話になるが、富士山まで行くとなると移動時間が結構ある。


また、富士山での夜は結構時間が余る。


で、今読んでいる本






すばらしい本にめぐり合えた。


河合継之助。


知らなかった。。。


世の中の原理原則、本質を知ろうとする考え方・行動。


男たるもの、彼のようにあるべきと思いました。
| mikalet | 読んだ本 | 18:30 | comments(0) | - | -
うなりました
世界金融恐慌序曲~危機管理の資産運用~  

大竹慎一著





久々に本を読みながらうなってしまいました。



・現在の社会では、儲ける為には2つの要素が必要である
・中間層なき中国は崩壊する
・BRICsの勢いはもうすぐ終わる
・現在の世界的金融不況は日銀の責任
・日本最大規模の都市銀行のM銀行はもうすぐ潰れる
などなど。。。。



今年読んだ書籍の中で、ベスト3に入ると思います。




僕のような金融素人でも理解しやすく、かつ、非常に深い考察をさせてくれる中身でした。
| mikalet | 読んだ本 | 19:34 | comments(0) | - | -
なんと・・・
「売れる組織」


前職時代、鍛えてもらったKさんの著書。




P143に僕のことが記載されている!!!





なんともお恥ずかしい。。。





この本を読みながら当時のことを思い出しました。





入社して1年間はかなり迷惑かけたなあ。。。





恩返しは、決めています。





ソフトブレーンがリクルートのような人材輩出企業と呼ばれるように、
自分が成長しつづけるということ。




いつかまた、あの当時のメンバーと会って馬鹿騒ぎしたいなあ。




その時はKさんも是非!




ちなみに、社長(父親)にこの書籍を見せたら絶賛してました。




やるでー!!
| mikalet | 読んだ本 | 13:40 | - | - | -
Hot pepper
久々に本の紹介を。

Hot Pepperミラクル・ストーリー

―リクルート式「楽しい事業」のつくり方




いやはや、さすがリクルート。


それにしても、どうして彼らのやることなすこと、いつも楽しそうに見えるのだろうか?


もちろん現場は楽しいどころではなかっただろう。



むむむ。



なぜか?


事業の目的があり、



その目的を達成する為の具体的な目標があり、



その目標を必ず達成するというヒト達がいる。



そして、そのヒトたちは必ず目標を達成し、輝いているからだろう。



久々にすばらしい本に出会えました。



熱いなあ。
| mikalet | 読んだ本 | 15:34 | - | - | -
頭が良い人は親指が太い
読み返してみました。


頭が良い人は親指が太い


面白いですよ、コレ。



木村節炸裂してます。



やはり自分で経営している人が言うと、説得力がある。


「ビジネスは失敗するものだ」

「ビジネスに答えはない。やってみなければわからない」


誰かも同じこと言ってたな。本質なのだろう。
| mikalet | 読んだ本 | 18:20 | - | - | -
ジパング
そういえば最近書籍の紹介が無いですね。


全く読んでいないわけではありません。



ちょっと紹介し忘れてただけです。



最近感銘を受けた本はコレです。

世界バブル経済終わりの始まり──実践・臆病者のための黄金の投資学

この松藤民輔というお方、なんと2つの金山を保有する金山会社を
経営するもの凄そうな経営者。以前ガイヤの夜明けにも出演されてました。

以前は世界に名だたるメリルリンチやソロモンブラザーズで大活躍し、
年収はなんと2億円だったそうな。

そんなペーパーマネーのプロだった方が今は金という「実物」に
目をつけております。なるほどなるほど。

書籍は本当に分かりやすく、「なるほど!」とうならせるだけの内容でした。ですが、それ以上にこの松藤氏が経営するジパングという会社に興味を持ちました。

同社HPに
「ジパングウェイ」というページがあります。

「誰も行かない場所でビジネスを行う」
「誰もやらないことを最初にやる」

・・・・

カッコイー。


純粋にそう思いました。


僕もそうありたいと思いました。


言葉にすると簡単ですが、なかなかできないことです。


そして、ビジネスの世界では非常に大切なことだと思いました。


世間は「株」だの「FX」だのと騒いでますが、
松藤氏は既に「金」というまだそんなに人が群がっていないフィールドで
勝負をされています。ジパングウェイですな。


「ミカサウェイ」


・・・・


作りたい!
| mikalet | 読んだ本 | 19:01 | - | - | -
本本本
たまには本の紹介を


「ゴー宣・暫2」


僕は小林よしのりさんの大ファンです。
小学校の頃、お坊ちゃまくんが入りですが、最近はゴーマニズム宣言で
かなり熱烈ファンになりました。
ストレートに意見を語ってくれるので、無知識な僕にとって非常に分かりやすいです。今回も小林節が炸裂してます。歴史を知るには必読ですね。

「ブライアン・トレーシー流 危機脱出法」

ブライアン・トレーシー氏の著書も数冊呼んだことがあります。
この本を監修している「金森氏」がまた面白くビジネスを語る方で、
この本も非常に面白く読めました。

「ビジネスの決断の70%は間違う」ということを知っておき、その上でビジネスは進めていくべきであるといった節がありました。へー。


とある方も1勝9敗って言ってたなあ。


1,2回負けたくらいであきらめてはダメですな。


それと実は横浜に出張してました。日帰りでしたが。。。。
飛行機の中でコレ読みました。
「龍馬を斬る―誰が龍馬を殺したか」

謎は深まるばかり。。。。
| mikalet | 読んだ本 | 08:58 | - | - | -
不動産に関する本
最近、不動産に関する書籍をかなり読んでマス。

これもその一つ

「ボロ物件でも高利回り 激安アパート経営
        ―入居率95%を誇る非常識なノウハウ」



通常不動産投資といえば、レバレッジ(てこ)を応用する。
「自己資金わずかで、あとは借入れで購入する!」というのが王道です。

しかし、著者は基本的に激安物件を見つけ、そこでさらに値引きして
現金決済するという方法です。

なるほどー。
こういう方法もあるなあ。

そして利回りは30%を超える。
素晴らしい!!

こういった類の書籍はほとんど都心の条件を前提に書かれているのに対し、この書籍は地方(北海道)のケースを前提に書かれている。

地方の大家を目指す方には、励みになる良い書籍かもしれない。


それにしても最近ひしひしと感じるが、当たり前ですが事業をやるにはある程度の自己資金が必要だ。

地道に、まずは確実にキャッシュを蓄えることが大切だ。

木村剛さんも言ってたなあ。

自己防衛資金・・・

俺、ほとんど無いなあ。。。
| mikalet | 読んだ本 | 18:13 | - | - | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

このページの先頭へ